各脱毛方法のメリット・デメリットについて

いざ全身脱毛をするといっても脱毛方法って数種類あり、どれがいいの?と悩む方もいらっしゃると思います。そこで簡単に各脱毛方法をまとめてみますので是非参考にしてみてください。全身脱毛で失敗しない為には、料金やコース内容の事も大事なのですが、脱毛の種類もかなり重要になってきますので、しっかりと理解したうえで全身脱毛を始めるようにしましょう。

 

セルフ脱毛

自分で脱毛をします。ただし、眉毛のように形を整える程度なら毛抜きでもいいですが、脇や腕・足といった部分をする場合は家庭用脱毛器を用います。値段は安いもので5000円前後〜10万前後と幅があります。安いものは毛を抜くだけで減毛効果がなく、高いものは脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛を家庭でできる!減毛効果が期待できる、こんな感じです。メリットは家庭用脱毛器を一度買えば追加費用がいらないことです。高いものはカートリッジ交換が必要なものがありますが脱毛サロンですることを考えれば激安です。しかも脱毛したいと思ったらすぐ出来るのも良いです。デメリットは自分でするので、見ずらい部分は抜き残しが生じたり手の届かない部分は不可能、脱毛後のケアも自分できちんとしないといけないことです。

 

フラッシュ脱毛

現在脱毛サロンで主流となってるのがフラッシュ脱毛で、家庭用脱毛器の高い商品でもフラッシュ脱毛出来る物があります。光を照射して毛根からダメージを与えて脱毛をします。施術を繰り返すことにより減毛効果もあります。痛みは毛抜きで抜くよりも痛いです。メリットは通常の脱毛と違って減毛効果があること、脱毛サロンでしてもらっても料金が比較的安いところです。デメリットは毛の濃い人や濃い部分をする場合、脱毛は出来ても減毛効果がとても薄いことです。脇やVIOライン、男性の髭のような太くて濃い部分にはあまり向いてません。

 

医療レーザー脱毛

医療レーザーを使って脱毛するということで、医療クリニックで施術してもらえます。脱毛効果はフラッシュ脱毛が強力になったものと認識していただければOKです。メリットは脱毛時の痛みを麻酔で軽減してもらえることです。これは医療クリニックならではって所です。脱毛効果が高くなってるので、男性の髭にはパワー不足なこともありますが女性の脇やVIOラインなら減毛効果も期待できるところです。デメリットは値段の高さです。フラッシュ脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の中で一番値段が高いとされています。またフラッシュ脱毛よりも施術に時間もかかります。

 

ニードル脱毛

各脱毛方法でもっとも減毛効果が期待される脱毛方法です。昔から行われており、針脱毛、電気針脱毛って呼ばれることもあります。メリットは、その脱毛効果の高さで、男性の髭脱毛にも効果があるほどです。デメリットは、各脱毛方法の中で一番の痛みです。医療レーザーも相当痛いですがこちらは麻酔で軽減してもえます。しかしニードル脱毛は脱毛サロンでの施術がほとんどなので麻酔なしで行われます。痛みが我慢できず途中で中断してしまう人がいるほどです。そして毛一本一本処置していくので施術時間が長いこと、そして料金も高いことです(レーザー脱毛よりは安い)。昔はフラッシュ脱毛・レーザー脱毛の脱毛効果が弱かったので、永久脱毛したいならニードル脱毛一択でしたが、現在はレーザー脱毛の脱毛効果もかなりアップしてるので、よほど毛深い人・部分じゃないとしなくてもいいかもしれません。

 

各脱毛方法の説明はこんな感じです

脱毛したい部分や予算、自由になる時間等によって自分にとってベストの脱毛方法は変わってきますので、参考にしてみて下さい。