保健師の転職

保健師は学校や地域の保健所、産業保健師として更に発展途上国での感染症対策などさまざまな活躍の場があります。
現在保健師として働きながら、更に条件のいいところで働きたい。
家族の転勤についていくために転職したい、子供が小さいので働きやすい条件の職場を探しているなど転職を考えている人も多いと思います。

 

保健師の転職はなかなか難しいといわれています。
それは医療業界・福祉業界では保健師の求人数があまり多くないことがあげられます。
また、公務員として働くためには、年齢制限がありますし筆記試験を通らなくてはいけないからです。

 

20代の場合は、若さが強みでもあり弱みでもあります。
公務員を目指すにしても年齢制限もありませんし新たなことを学ぶことに対しても問題はないでしょう。
雇用する側もそれほど良い待遇を用意しなくてもいいため採用しやすくなります。
しかし逆に若いため、産業保健師など即戦力が求められるケースでは経験のなさがネックになってしまいます。
また20代の転職は一つの職場に長く勤務していないことを意味しますから「またすぐに辞めてしまうのでは?」と思われる点です。
こうした点から、20代の方にオススメなのが比較的時間をかけて仕事を覚えられる保健所、保険センターです。
安定した就業環境が期待できるため長く働くことが可能です。

 

30代になると、人によって環境に大きな差が生まれます。
着実にキャリアを重ねて即戦力として期待できる場合には転職もスムーズに行なえます。
産業保健師として条件の良い職場を選ぶことができるでしょう。
逆に転職歴がいくつもある、特定の分野での職歴が短い場合には転職が難しくなる傾向にあります。
できるだけ今までのキャリアを活かせる職場に狙いを絞って転職活動を行なうのが良いでしょう。

 

40代になると転職は厳しくなります。
よほど即戦力になるキャリアなどがない限り採用は難しいです。
これまで積み上げてきたキャリアをアピールすることでマネジメント能力などもアピールすることが重要になります。
また、保健所や保健センターなどは若い人材を希望しますから転職は難しいでしょう。
産業保健師、保育所、診療所など即戦力と豊富な経験が求められる職場では喜ばれることもありますからチャレンジしてみてください。

 

また、保健師は女性に圧倒的に多い職業ですから結婚や育児などで一度現場を離れた方もいるでしょう。
ブランクが出来てしまうと、転職は難しくなります。
転職活動前に保健師向けセミナーや講習会などを受講しブランクを取り戻すことが先決です。
臨時職員や派遣社員、アルバイトという形でも働くことができますのでまずはブランクの穴埋めを行なうのが良いでしょう。

 

いずれにせよ保健師の求人はあまり世間に出回りません。
人材紹介サービスなど転職支援サイトに登録すると非公開求人などに応募できますから、転職を有利に進められるでしょう。